梁から室内窓へジャンプで移動!と、多頭飼いで大変なこと

まだ、親子猫を保護する前ですが・・・

0206.jpg

室内窓を開けていたら、軽々と瞬間移動していました~

キジトラのぐーちゃんです。

動画再生は、↑じゃなく↓からできます。



女の子であるサバシロちゃんは、梁を渡ることができないのでこんな技も無理だけど、

もう1匹の男の子、ハチワレのマロン(通称まろ)も、やっていました。



なんか怖くて、開けっ放しにしておくのはやめました^^;

今は、この部屋には保護猫ちゃん親子がいるから、開けっ放しはもちろんNG!!


先日紹介した渡り廊下のドアにしても・・・

ずっと開けておけると良いのかもしれないけど、

ハチワレくんと保護猫のお母さん(キョロちゃん)は、保護する前にはリビングの窓越しにでも威嚇し合って喧嘩してたし・・・不安なのです(T_T)



ぐーちゃんとまろがかつて大喧嘩をしたことがあって・・・

人も止められないくらいの大バトルで猛スピードで家中を追いかけ合い、階段を上っては上から2匹絡み合ってゴロゴロ落ちてくる、を繰り返す姿とか、今もけっこうトラウマなんですよね。。

まろはすごく流血してたし、化膿して、本当に大変だった・・・

病院になかなか連れていけない子で、やっとのことでその時は連れて行ったのだけど、「怒ってるから診れない」って言われたしね!!

ネットの中で軽く唸ってただけなんですけど。



それをきっかけに、1年位隔離生活してました(T_T)

その頃は、隔離生活のため、夏や冬は3部屋エアコンまわして・・・
(人間2人なのに)

日中はリビングでまろと一緒、夜は寝室でぐーちゃんと。

一緒にいない時間、寂しくなると鳴かれたりして、それも大変だったな~。

サバシロ女の子のみゅーは、まろのことが大嫌いなのと、これまた喧嘩でまろにやられて怪我したことがあって、その時すごく怖かったのか、すごくおもらしもしていて・・・
(人間は寝ていた明け方で、尋常じゃない叫び声で起きました)


で、普段はリビングにいても、外出時には画像の部屋に入れて、本当に3匹別々にして出かけないとでした。


今も仲が良いわけじゃないけど、3匹で同じ空間にいられるようになったのは、本当に幸せ。

多頭飼育は、相性もあるから、合わないと大変ですね。



さて、保護猫ちゃんたち!

先住ちゃんたちと仲良くやってくれると良いなぁ~。

うちは、隔離する部屋はそんなにないんだから、さ😃


この記事へのコメント


にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村