ひめちゃん、猫穴からコンニチハ



保護猫の子猫の女の子、ひめちゃんは、先日記事にした2F吹き抜けの渡り廊下のドアを開けておくと、そこから梁を渡って階段側に行き、階段も降りて、ちょくちょく1Fに来ます♪

そして、こんなふうに猫穴も利用します(笑)




つまり、ひめちゃんは、我が家の「猫仕様」を早速使用してくれているのですね~(*^^*)

子猫の男の子チビ太と、お母さんキョロちゃんは・・・全然ですが。

いいよ、いつでも、その気になったら使っておくれ😖

梁はね~、うちの年長さんのみゅーも渡れないし。

怖がりのマロも、全然渡れなかったんだけど。

マロはグーちゃんとの激しいバトルの最中に、どうしようもなくなって、向こうに逃げるために渡ったのが最初です^^;

それからは、大丈夫になって、もう今は一番行ったり来たりしている子です(=^・^=)

グーちゃんは、引っ越した初日から渡ってくれて、嬉しかったなぁ♪

チビ太もマロっぽい雰囲気あるから、渡れるまでには時間かかりそう^^;

いつも、ひめちゃんが渡ってるところを、じーっと見ているだけです(笑)



だからチビ太は絶対に弟キャラだよ~

猫の兄弟は、どっちが先なんて分からないけど、ひめちゃんがお姉ちゃんで、チビ太が弟に決定です(=^・^=)




本当はね・・・もう1匹いたんだけど。。。子猫。

保護する前に、ある日突然来なくなりました。。。

どこかで元気にしていると思いたいけど、わかりません。



あと今日、外でガーデニングしていたら、この子達のお父さんを見ました。

たまに見る元気なオスで、もちろん推測なんだけど、きっとそうなの。

チビ太にそっくりだし。

他に野良ちゃんめったに見ないし。

お母さん猫がスリスリしてたの何回か見たことあるし。(そういうの見てたから、あまり積極的に保護したくなかった)


そのお父さんのことは私は「ボス」と名付けていて、今日近くを通ったから、「ボス」って呼んだら、「にゃぁ~」って・・・。

それから何度も激しくなきながら、歩いて行きました。

返事してくれたのも、何度もなくところ見たのも初めて・・・。

なんか、ごめんね。

ボスの家族、うちにいるよ・・・。

あわせてあげたい。

キョロちゃんは相変わらず、毎晩悲しそうに夜泣きしてるし、ボスにも会いたいだろうなって・・・いつも思う。

もう、手術もされちゃって、前みたいにラブラブにはなれないのかもしれないけど・・・。

ほんと、ごめんねって思う

自由に生きたいはずなのにね・・・。





私は、うちに猫6匹もいて、過去にも2匹いて、全部保護猫だけど、野良ちゃん見たらとにかく捕獲、手術、ということはしていないので、というか、めったにいないから、そんなこと言ってられるのかもだけど・・・
自由に生きられる環境があるなら、なるべくその方が、と正直おもっているので、どうしても、まだ私を怖がるこの子達や、外にいるお父さん猫を見るにつけ、そんな気持ちになってしまいます。

向かいの家のめちゃうるさいお婆さんが、「あんたのところ猫飼ってるからにおいで猫が来るんだ!猫大嫌いだから!石投げてる!水かけてる!」と言ってきたので、今回保護しました。

いや、においとか言われても完全室内だし。猫いるのうちだけじゃないし。嫌いなのアンタだけだし。とおもったけどね!
だからこの子たち、こんなに人が嫌いなんだと思う・・・。

この記事へのコメント


にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多種飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村